うさぎのラテタイム

うさぎのラテタイム

ホッとひと息つけるラテタイムのお供に。グッとくる情報をお届けする雑記ブログです。

結婚式が終わったらヘアドネーションという選択も素敵です

f:id:mikeusagitan:20190607120901j:plain

楽しみにしていた結婚式が終わっておとずれたなんとも言えない喪失感、なんでしょうね~。

友人いわく、

「それくらいいい結婚式ができたってことだよ。」

ですって。

さて、そんな思い出深い結婚式の後に、ヘアドネーションという選択をご紹介します。

ヘアドネーションとは、病気などで髪の毛を失った子供のために、寄付された髪の毛でウィッグを作って無償提供する活動です。

一般的にはもう、髪の毛を寄付すること自体をヘアドネーションと呼んでいたりしますよね。

私が実際にやってみたヘアドネーションのことをお話ししますので、ちょっとでも興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

ヘアドネーションに興味を持ったきっかけ

 もう何年も前の話ですが、会社の同僚ががんになってしまって、そのことは私にとっても、かなりショックなことでした。

その時に彼女が言っていたのが、

「髪の毛のことが一番辛い。」

ということでした。

私も同じ立場だったら、たぶん同じだと思いました。

彼女はその後、手術を受け、前向きにウィッグ生活を楽しんでいました。

その時に、医療用ウィッグのことを知ったのでした。

でもまだその時は自分の髪の毛を寄付するというのが、日本の中ではあまり知られていなくて、私も一歩を踏み出せずにいました。

 

ヘアドネーションをやるにはどうしたらいいの? 

f:id:mikeusagitan:20190607154125j:plain

 ヘアドネーションは、アメリカで始まったようですが、ここ数年は日本国内でもメディアで取り上げられることも増え、テレビなどで目にすることも増えてきました。

そんなテレビの特集などを見ると、やってみたいなぁという気持ちが湧き上がり、ヘアドネーションのことを調べるようになりました。

日本には、髪の毛の寄付を募っているこんな団体があります。

↓↓↓

 

Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック,JHD&C)|ヘアドネーションを通じた社会貢献活動

 

髪の毛のご寄付のお願い|ヘアドネーション|NPO法人HERO

 

つな髪®|髪の寄付(ヘアドネーション)で医療用ウィッグを無償提供

 

基本的には、どの団体も31センチ以上の髪が条件です。

私は、ここ数年はロングヘアだったのですが、自分の髪をセミロングくらいに残して31センチの髪って結構長いんですよね。

しかも枝毛とかもあるしなぁと思っていたら、上でもご紹介した「つな髪」なら15センチ以上でも受け入れてもらえるらしいと知りました。

結婚式も終わったし、これならやれるかもと思い、いよいよ行動に移すことにしました。

寄付できる髪の毛の基準が、団体ごとに違いますので、実際に寄付する場合はホームページをご確認くださいね。

「つな髪」は、今見たところ、前より髪質の基準が厳しくなっているようでした。 

 

ヘアドネーションを実際にやってみました。 

f:id:mikeusagitan:20190607121700j:plain

 普通の美容院にお願いしてもいいのですが、髪の毛の切り方のルールなどもあるので、手順を把握している「サポート店」の方が、気持ち的にも楽だなぁと思って、ホームページからサポート店を探して予約を入れました。

 

当日は普段とは違うことをやってもらうということもあり、ちょっと緊張して美容院に行きました。

だけど、美容院の方はサポート店なだけあって、手順も承知しているので、スムーズにカットを進めてくれました。

結局、当初のセミロングの予定よりは短く、ショートに近いくらいにしたので、「31センチ以上の髪」として寄付できそうということになりました。

そこの美容院は、カットから発送までやってくれるところだったので、私の方は髪を切ってもらうだけでした。

ヘアドネーション用の切り方があるのですが、それが終わった後は、いつもの美容院と同じで希望に応じた髪型にカットしてくれます。

それにしても、小学校の時依頼の短さ。

ちょっと慣れないけど、思い切った長さで寄付できたことは、やっぱり嬉しかったです。

しばらくしてから、「つな髪認定証」という寄付の証みたいなのが送られてきましたよ。

  

まとめ

 ヘアドネーションのことをご紹介させていただきました。

結婚式の頃って、結婚式用に髪を伸ばしている人が多いし、人生でもかなり輝いている時期だと思うんですよね。

そんな時期を一緒に過ごしたハッピーな髪の毛が、知らない誰かのことをまた違う形で応援できると思うと、そういうのもとても素敵なことだと思うんですよね。

私の場合、誰かの役に立つんだと思うと、逆に自分の気持ちが満たされるというこもあるような気がします。

また、結婚式、結婚式と言ってしまいましたが、ヘアドネーションはいつでもできます。

私もまたやるかもしれません。

読んでいただきありがとうございました。